あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< Birthday Blog | main | 一キロメートルは一マイルよりも長い? >>

「名医」のウソ


ほとんどの場合、所謂「名医」にかかる必要はない。
また雑誌などの「名医」はまったくあてにならない。
医者との接し方ひとつで、その医者はヤブにもなるし名医にもなる。
なにもかも医者任せにしないで、自分の症状や不安に思っていることなどをいかにうまく伝えるかということが大切。
医者との接し方、病院の選び方など、とても役にたつことがいっぱいです。
またアメリカの医療との違い、長所短所についてもわかりやすかったです。

〜 目次 〜
序章  名医を作るのは患者である
第一章 病院ですっきりしない理由
第二章 病院選びの前に見につけたい医者との対話法
第三章 「薬」は医者も患者も知ってるつもり
第四章 治療経過の履歴書を作る
第五章 医者は万能だという都市伝説
第六章 「病院ガイド」ではわからない本当のポイント
終章  日本の医療がわかりづらい理由
あとがき

これで、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   65冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 15117ページ (1日平均23ページ)+215ページ(*)

読書メーター - atasinti

(*)1冊、ページ数がカウントされていない本があり。
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------