あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< Doblogが一部復旧 | main | 萌えて覚える化学? >>

ジャーナリズム崩壊


NHK報道局、政治家の秘書、ニューヨークタイムズ記者を経験したフリージャーナリストの著者が、日本のジャーナリズムの問題について記載した本。
記者クラブの閉鎖性によって日本にはジャーナリズムがないと、なかなか手厳しいが、中も外も経験した人の言葉なので真実味がある。

そういえば、つい最近も、女性記者のみを政治家のワイン会に参加させることをマスコミが認めていた時点で問題なんだってなことが話題になっていたなぁ・・・

〜 目次 〜
プロローグ
第一章 日本にジャーナリズムは存在するか?
第二章 お笑い記者クラブ
第三章 ジャーナリズムの誇りと責任
第四章 記者クラブとは何か
第五章 健全なジャーナリズムとは
エピローグ

これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本の数  53冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ数 12516ページ (1日平均21ページ)+215ページ(*)

読書メーター - atasinti

(*)1冊、ページ数がカウントされていない本があり。
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------