あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< 直江兼続とお船 | main | RSSとWeb Slice >>

荒れる小学校?

6年生の娘が通う小学校が軽く荒れています。
その兆候は5年生のときからあり、一部のクラスで学級崩壊直前の状態までになっていました。
そんなわけで、学校側は、6年生になったときに、これまで3クラスだったのを4クラスにわけ、1クラスの人数を少なくする、6年生全クラスに副担任をつけ、2人の教員で学級運営を行う、というような対策をとり、また頻繁に親との懇談会を開くなどしてきましたが、相変わらずの状況です。

なぜ、小学校が荒れるのでしょうか?

通説的な回答としては、モンスターペアレントのために、先生が児童に対して強く怒ったりへたなことを言ったりできなくなったため、って感じでしょうか。

あるいは、テレビドラマの影響?
確かに最近の学園ものでは、先生を先生とも思わない自分勝手な不良たちが出てきて、彼らをカッコいいと思ってしまうかもしれません。

でも、一番の問題は、小学生の子供が先生を尊敬しなくなったことではないでしょうか。
では、なぜ、子供が先生を尊敬しなくなったのでしょうか?
昔の先生は偉くて今の先生はダメなのでしょうか?
そんなことはないと思います。

一番の問題は、(私も含めて)親が子供の前で平気で先生の悪口を言ったりするからではないでしょうか。
昔の親は、先生に不満があってもそれを子供の前では口に出さないようにしていたということを聞いたことがあります。そんな、ちょっとした気配りができなくなってきていることが問題なのかもしれません。

反省しなくては。。。

なんだか、うまくまとまりそうにないので、この辺で。
  comments (1) | trackbacks (0)




Comments

じょ | 2010/02/01 09:18 PM
保護者が変わらない限り、子どもは変わりません。「子は親の鏡」まさにそのとおりなのです。
モンスターペアレンツが親である限り、子どももモンスターとして学校で暴れる。

長年この世界をみてきた結論です。

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------