あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< Livedoor Blogリニューアル | main | 今日の携帯関連ニュースあれこれ >>

クジラは誰のものか



捕鯨の歴史や地域性、クジラの種類毎の生態などについて考察し、クジラと人間の今後について考える本。
なお、著者は捕鯨再開に賛成の立場です。
なんとなく同じことを何度もあれこれ言葉を変えて、やたら難しく書いているだけのような気もしないではない。
結論は書いてない。

あぁ、クジラ、食いてぇ〜!

〜 目次 〜
まえがき
序章  クジラと人間
第一章 クジラの浜
第二章 クジラの経済学
第三章 クジラと日本文化
第四章 クジラと政治
第五章 クジラとコモンズ
第六章 クジラと人間の好ましい共存とは
あとがき

これで、、、2007年07月13日以降、
読んだ本の数  46冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ数 10949ページ (1日平均19ページ)+ 215ページ(*)

読書メーター - atasinti

(*)1冊、ページ数がカウントされていない本があり。
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------