あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< Twitterで翻訳 | main | Kakuteruに登録してみた >>

学校では教えない日本史

学校では教えない日本史 (扶桑社文庫)
扶桑社
歴史のふしぎを探る会(編集)
発売日:2008-02


これまで歴史の事実と思われていた事柄に対して、疑問や矛盾を指摘する新説、異説を紹介した本。
1つの事柄について、3〜4ページで簡単に記載。
残念なのは、新説、異説の紹介に終わっている点で、数を減らしてひとつひとつについてもっと掘り下げてもらったほうが読み応えがあったと思います。

〜目次〜
はじめに
第1章 陰謀〜歴史の"事実"を作り上げた、陰の策士たち
第2章 暗殺〜真の首謀者は誰なのか?
第3章 正体〜歴史上にばく燦然と輝く人物の真の姿とは?
第4章 足跡〜偉大なる業績を残した歴史の功労者たち
第5章 事件〜歴史的大事件の主人公に選ばれし者たち

これで、2007年07月13日以降、
読んだ本の数  44冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ数 10495ページ (1日平均18ページ) + 215ページ(*)

読書メーター - atasinti

(*)1冊、ページ数が計上されていない本あり。
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------