あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< テロって何? | main | GoogleのLivelyがサービス終了 >>

非属の才能

非属の才能 (光文社新書 328)
光文社
発売日:2007-12-13
おすすめ度:3.5


ゼブラーマンをマンガ化した山田玲司さんが、集団の中で同調圧力にしたがって「だよねぇ」と言いながら生きるのはやめようよ、また、そんな集団の中に違和感を感じて孤立している人こそ、ホントは新しい発見をする人かもしれないのに無理に集団に引き込ませるのは、その人の才能の芽を積むことになるのだからやめようよ、と唱える本。
山田玲司さんが唱えると説得力のある「変人になろうよ」というススメ。

そういえば、私自身、最近はすっかり変化を好まない生活をしているなぁ。毎朝、ほぼ同じ時間に起き、おきてから家を出るまでにやることの順序もほぼ同じ、毎朝同じ時間の電車に乗って・・・
ここらでひとつ、自分の中の眠れる才能を開花させるために、いつもと違うことを・・・えっ?もう遅いって?いや、何歳になっても遅いということはないはず・・

〜 目次 〜
はじめに 「みんなと同じ」はもうやめよう
第1章 誰のなかにも「プチ佳祐」がいる
第2章 ブルース・リーになる試験はない
第3章 定置網にかかった人生でいいのか?
第4章 「変わり者」が群れをうごかす
第5章 非属の扉をこじ開ける方法
第6章 独創性は孤立が作る
第7章 和をもって属さず
おわりに 「みんなと違う」をはじめよう

これで2007年07月13日以降、
読んだ本の数 30冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ数 7740ページ (1日平均15ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------