あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< なっちの倒錯? | main | 英国とアイルランドでもiモード >>

自律型コンピュータシステム?

昨日の敵は今日の友?
富士通とIBMが「自律型コンピューティング」の技術で提携ということですが、そもそも、「自律型コンピューティング」ってなんだ?
「サーバーなどが故障した際、自ら問題の場所を検知し、直したり回避したりする技術」だそうです。スパムやウイルスなどがとんできたときに、自動的に発信元を突き止めてくれたりしたらいいですね。でも、すぐに、その裏をかくスパムやウイルスが現れるんだろうなぁ。。

自律型コンピューターシステムで提携 富士通、米IBM Asahi 2004/11/30
富士通と米IBMは30日、コンピューターが自らシステムの管理や保守を担う「自律型コンピューティング」の技術で提携すると発表した。両社の技術を業界標準にすることで、異なるメーカーの機器を用いているシステムも管理できるようにすることを目指す。
 両社は、システムの稼働状況を記録する方式や障害などが起きた時の処理を指示する方式を共通化する。さらに、両社の方式を採用するよう標準化団体を通じて働きかける。この分野で大手メーカー同士が協力して標準化を目指すのは初めて。
 自律型コンピューティングは、サーバーなどが故障した際、自ら問題の場所を検知し、直したり回避したりする技術。最近の企業や自治体などのシステムはネットワークで多数のコンピューターがつながっており、悪影響がシステム全体に拡大することを防ぎ、管理の人手を減らせる技術として注目が集まっている。
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------