あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

<<new  1 2 3 4 5 6 7 8  old>>   / 8

小学校で英語教育

「自分の国の言葉を完全にマスターしない人間が、外国の知識の何を吸収できるのか」と石原都知事が、小学校での英語必修化を目指している文部科学省を批判していました。
続きはこちらに。

P.S.
怪しいサイトへと誘う迷惑メールのごとき
「続きはこちらに」が
3個も続くと、
なんちゅうブログだって
感じになってしまった。。。
  comments (0) | trackbacks (0)

中1ギャップ?

品川区立の小中一貫校が開校だということです。
続きはこちらで。
  comments (0) | trackbacks (0)

ダメと言ってはダメ?

今週の週刊モーニングの「ドラゴン桜」の後ろの現役教師のコラムによると、
「ダメということばは、こどもにマイナスエネルギーを与えている」
ということです。
子どもに社会のルールを教える4つのパターンをあげています。
1.プラス思考の言い方
例「お箸を揃えて置くときれいだね」

2.直接指示、単純命令形
例「お箸を揃えて置きなさい」

3・マイナス思考の言い方(否定形)
例「お箸を揃えて置かないとだめでしょう」

4.人格を否定する言い方
例「お箸を揃えておけないの?まったくダメな子ね」

うーん、3番が多いかも、4番も言っちゃってるよなぁ。
1番は難しいよなぁ。
せめて2番でいくように心がけよう。

 

「ドラゴン桜」わが子の「東大合格力」を引き出す7つの親力
ドラゴン桜 東大合格をつかむ言葉161
  comments (0) | trackbacks (0)

「ゆとり」から「言葉の力」へ。

やっと、意味を履き違えていたとしか思えないゆとり教育から転換するそうです。
続きはこちらで。
  comments (0) | trackbacks (0)

雪だるまとSnowMan



「雪だるまは英語で?」
「Snow Man!」
というのは間違いらしい。
SnowManは、脚部に相当する3段目があって、
それに鼻はにんじんと決まっているそうだ。
だから、脚のないだるまの「雪だるま」は
SnowManではないということです。

雪だるま3万個、ギネス挑戦断念 スノーマンしか認めず asahi.com 2006/02/09
毎年、札幌市の雪まつり期間中、雪だるまを大量に作ってギネスブック登録を目指したイベントが、中止に追い込まれた。02年から3万個以上を作ったが、あらゆる記録を登録するギネス社からも「スノーマンしか認めない」と回答があったからだ。今年は規模を縮小、雪まつり会場の一画で雪だるまを作り続けている。
  comments (0) | trackbacks (0)

小学生のお年玉額

小学生のお年玉の平均は2万4千円だって。
最高は15万円もらった小5の女の子もいるんだって。
もらいすぎだよ!

お年玉を入れるポチ袋のポチは、
これっぽっちのぽちなんだから、
いっぱい入れたらダメだよ。

「ポチ袋の語源・由来」by 語源由来辞典
ポチ袋の「ポチ」は、関西の方言で芸妓や茶屋女などに与える祝儀のことであった。
祝儀を「ポチ」と呼び始めた由来は定かではないが、非常に少ないことを「これっぽっち」というように、「ポチ」には「小さな点」や「ほんの僅か」という意味がある。
祝儀を渡す相手が、芸妓や茶屋女などであったことから少額の祝儀と考えられ、「ほんの僅かな金額」という意味で「ポチ」と呼ばれたのであろう。


小学生のお年玉2万4千円 ぼくたちも「景気回復」 Excite News at 2006/01/21
今年の正月に小学生がもらったお年玉は、平均2万4527円で、昨年より395円多かったことが、小学館(東京)の調査で分かった。5万円を超える“高額獲得児童”も昨年より1・5ポイント増えて6・3%だった。(中略)
最も多かった金額帯は「1万5000円超−2万円」で20%、次いで「1万円超−1万5000円」の14・6%、「2万円超−2万5000円」の14・5%、「2万5000円超−3万円」の11%の順だった。「10万円超」も0・2%で、最高額は5年生女子で15万円だった。
  comments (0) | trackbacks (0)

サンタクロースになるのも楽でない?



黄色いブログ手帖さんのところで紹介されていましたが、
なんと、サンタクロースになるための検定試験があるそうです。

日本初、サンタクロース検定開始します。 

サンタクロースになりたい方はいますぐ上記リンク先より申込み用紙を入手の上、お申込みを。急がないと間に合わないぞ!

ところで、プチ模試とかいうものもありました。
サンタクロース研究所 
【第1回プチ模試】

次の文章の中で、正しいものに○、間違っているものに×をつけてね。
(問1)日本のクリスマスは、国民の祝日として休日となっている。
(問2)雪が降るクリスマスをホワイトクリスマスというが、雪の降らない日のクリスマスのことは「グリーンクリスマス」と言う。
(問3)トナカイはシカ科の哺乳類であるが、食用に向かず、角だけは薬用として重宝されている。
(問4)北欧のクリスマスでは、豚肉を食べる風習がある。
(問5)日本での最初のクリスマスが祝われたのは、キリスト教伝来の1549(天文18)年より前のことである。
おいおい、結構難しいぞ。
でもでも、
あれっ、ちょっと待ってよ。。。
検定試験の案内ページには、
我々サンタクロース研究所では、サンタクロースを子供に「夢と希望」が与えられる大人と定義し、サンタクロースになるための基準を決め、検定試験を行うことにしました。
って書いてあったから、てっきり、
Q1:こどもから、煙突がないおうちにはどこから入るの?と聞かれた時になんと答えますか?ア、イ、ウから選びなさい。
みたいな問題がずらーっと並んでるかと思ったのに、
こんな、クリスマスの豆知識みたいな問題だなんて、
ちょっとがっかりだぞ。

いや、別に私は貴重な休日に検定試験を受けてまで、
サンタになる気はありませんけどね。

ところで、合格の暁には、
赤い鼻のトナカイと空飛ぶソリは支給されるのかなぁ?
書いてなかったぞ。。

なお、「サンタウォーク2005」とかいうイベントもあって、
サンタの格好をしてお台場から東京タワーまで行進するそうです。
こっちは、サンタの格好をしていれば、
検定試験に通ってなくても参加OKらしいです。

いや、別に私は貴重な休日をつぶしてまで、
サンタの格好をして歩こうとは思ってませんけどね。。


 
続きを読む>>
  comments (2) | trackbacks (1)

クラス名簿は作っちゃだめ?

個人情報保護の観点から、最近、
クラス名簿なるものを作るのを止めた、
なんて話をよく聞きます。
続きはこちらで。
  comments (0) | trackbacks (0)

9歳男子の走・跳能力



これ、今朝の新聞でも書いてあったけれど、
確かに20年前と比べればまだ低い体力・運動能力だけど、
新聞に掲載されていたグラフを見ると、
もっとも低かった2001年度以降、
毎年少しづつ向上しているのに、
なんで、記事の本文ではそのことには
一言も触れないんだろう。


9歳男子の走・跳能力、20年前の女子並み 文科省調査 Asahi 2005/10/10
小学校3、4年生にあたる9歳男児の走ったり跳んだりする能力は、約20年前の女子レベルまで落ちていることが文部科学省が9日公表した04年度体力・運動能力調査でわかった。
 子どもの体力・運動能力のピークだった85年度と04年度を9歳児で比べると、「50メートル走」では、男子が9.40秒(85年度)から9.69秒(04年度)になった。85年度の女子の9.74秒と大差がなかった。04年度の女子は9.93秒。
  comments (0) | trackbacks (0)

エベレストの高さは何mか知ってますか?



日本一の富士山は3776m
世界一高いエベレスト山は8848m
というのが、子どもの頃からの私の中での常識でしたが、
どうもエベレスト山の高さについては、
1999年には8850m説が出ていたり、
そして、このたびの中国の再調査結果は、
8844.43m

地球は生きているんだから、
伸びたり縮んだりしてるのかも。

富士山も計りなおさなくていいのかなぁ。。。

「エベレスト、3.7m低かった」中国が測定結果を発表 Asahi 2005/10/09
中国国家測量局は9日、世界最高峰エベレスト(中国名・チョモランマ)の標高がこれまでの公式測定値より3.7メートル低い8844.43メートルであるとする調査結果を発表した。同局は「国力をあげて最新技術による精密測定を行った」としており、今後、この測定値を公式に使用するという。
 エベレストの標高を巡って、中国政府はこれまで75年に測定した8848.13メートルを公式値としてきた。しかし、世界各国の地図作製に大きな影響力を持つ全米地理学協会が99年、全地球測位システム(GPS)を使った測定による8850メートルを新たに採用。中国はこれを認めず、大規模な測定調査を今年3月から始めていた。
  comments (1) | trackbacks (0)
<<new  1 2 3 4 5 6 7 8  old>>   / 8