あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< LIMOLOG | main | ならんでならんで・・・ >>

SONY BMGのCDにrootkitの罠?

一部の音楽CDのコピーガード機能の影響で、
持ち歩いているiPodに音楽を取り込めず、
憤りを感じている今日この頃なんですが、
なんと、SONY BMGのCDをパソコンで再生すると、
rootkitプログラムがこっそりインストールされてしまうという。
そこまでやるか。。。

ところで、、、
ソニー・ミュージックエンタテインメント・ジャパンの
CDは大丈夫なの?
それとも同じ?

ソニーBMGのCD保護対策にセキュリティの懸念噴出--「行き過ぎ」との批判も CNET 2005/11/02
同氏がAmazonで購入したソニーBMG制作のVan Zantのアルバムには、コピー防止機能が追加されているとの説明があった。そして同氏は、そのCDを自分のコンピュータに挿入した際に表示されたインストール時の同意事項に対し、「同意する」をクリックしていた。またその後、同ソフトウェアが「rootkit」と呼ばれる非常に巧妙な偽装テクニックを用いていたことも明らかになった。rootkit自体は本質的に危険なものではないが、このツールはウイルス作者がコンピュータ上で行った作業の痕跡をすべて隠すためによく使われているものだ。
  comments (0) | trackbacks (1)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------
ニュース速報 | SONY、SYMANTECと共謀しウィルス散布。F-Secure社員が感染し発覚! | 2005/11/06 11:18 AM
フィンランドのエフ・セキュア社は現地時間1日、ソニー・グループが発売したコピー制限機能付き音楽CDが、コンピューターウイルスであることを突き止めた。エフ・セキュア社では、ロックグループ『ヴァン・ザント』のCD『ゲット・ライト・ウィズ・ザ・マン』を、米アマゾン社で購入。実際に、危険性があることを確認した...