あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< iPod Miniケース | main | もしかして地震の影響? >>

正露丸は危険?

じゅじゅさんのエントリーで初めて知りましたが、
ラッパのマークで有名な「正露丸」って、
実は、
こわーーーーい
お薬(というより毒?)だったのね。。。

もう長いこと飲んでませんが、よかった。。。

危険な正露丸の服用 
正露丸の作用は、その毒性の発現用量で現れます。すなわち腸管運動が神経毒によりマヒして下痢が止まり、知覚神経が神経毒により解離して腹痛を感じなくなります。虫歯に詰めると痛みがなくなるのも同じ原理です。
「正露丸」は元々は「征露丸」といって日露戦争に出向く兵隊さんに「極寒の地でもお腹をマヒさせて戦え」という医薬品とは思えないドーピング剤だったそうです。毎年のようにマヒ性イレウス、腸壊死、腎不全などで手術や透析にいたる例など正露丸の例が報告されていますが、テレビコマーシャルは全く使用上の注意事項を知らせません。
医薬品集などで正露丸の主成分クレオソートを調べると「歯内にのみ使用し、口腔粘膜に付着した場合、腐食する場合があるので直ちに洗い流すこと」と記載されており、服用など論外のようです。
  comments (0) | trackbacks (1)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------
「腹痛」 | 雑学のブログ | 2005/07/30 09:15 PM
今日の雑学:腹痛腹痛といえば「正露丸」が思い出される。この薬は日露戦争の頃に売り出された薬であり、元々は「征露丸」という名前であったとされる。名前の意味は読んで字の如くであり、終戦後に「征」の字は国際信義上好ましくないということで、「正露丸」になったとの事。(尚、日本医薬品製造株式会社は現在も「征...