あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< 龍馬伝的に日本のiPadを表現してみた2 | main | 2010年11月の読書のまとめ >>

日本は世界4位の海洋大国

日本は世界4位の海洋大国 (講談社プラスアルファ新書)
山田 吉彦
講談社
売り上げランキング: 1956

「世界4位の海洋大国」の意味は、漁獲量とか鉱物資源とかそういう意味ではなく、排他的経済水域の体積(面積x深さ)が世界4位だという意味。
そんな「海」には海底に眠る資源だけでなく、海水そのものにもいろんな資源が眠っており、これらを有効に利用できるようになれば、日本は万々歳だ!
でもそのためには、もっと国境を積極的に守るような政策を進めないと、日本の海は半減しちゃうよ!
と訴える、そんな本です。
「海」に眠る様々な資源とその活用に向けたいろいろな研究について説明されており、知らなかったことが多くて中々面白かったです。
読み応えがありました。

〜 もくじ 〜 
はじめに―日本がもつ世界四位の海水量
第一章 偉大な力をもつ「日本の海」
第二章 「日本の海」に眠るエネルギーと鉱物資源
第三章 水産資源と先進技術が生む高度成長
第四章 「日本の海」の大チャンス
あとがき―海を守り続ければ未来は必ず明るい

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
日本の海は、広くて大きい。そのため、無限大の可能性を秘めている。この海を利用し、この海とともに生きていくことこそが、日本人の未来への道なのである。そのためには、日本人の手で海を守らねばならない。(P182)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   219冊 (1日平均0.18冊)
読んだページ 49966ページ (1日平均40ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------