あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< 引っ掛かっちゃったのね | main | J-POPジェネレータ >>

実写版「宇宙戦艦ヤマト」

いよいよ12月1日上映開始ですね、実写版の「宇宙戦艦ヤマト
でも、これ、あんまり期待できないんだよなぁ。。。
なにしろ主演が木村拓哉、彼が演じると古代進ではなく木村拓哉になってしまう。
彼の場合は何を演じても木村拓哉以外のなにものでもない。つまり演じてない。。。

ところで、サイトを見ても書いてなかったんですが、スターシャやデスラー総統は誰がやるんだろう???

YouTube - 宇宙戦艦ヤマト 実写版 Trailers


関連ニュース
木村拓哉、実写ヤマト発進 “長い航海”の成功願う
by 47News at 20101104
ウェブ魚拓をしようと思ったら「HTTP Malicious Toolkit IFrame Injection」の脅威があるとノートン先生にアクセス拒否されてしまったので、ここに引用しておきます。
木村拓哉主演でアニメ「宇宙戦艦ヤマト」を実写化した映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」(12月1日全国公開)の完成報告会が東京都内で開かれ、木村や黒木メイサ、山崎努ら出演者と山崎貴監督が作品への思いを語った。

 会場を埋めた招待客の大歓声を浴びて登場した古代進役の木村は「『ヤマト』を作った自負はありますが、ついに船出だなという気持ちでいっぱいです。長い航海が成功できますように、皆さんいっぱい体感してください」とあいさつした。

 「生まれて初めて映画館に足を運んだ作品が(アニメ版)ヤマトで、見ていた話の中に今度は入ることができて、うれしかったのと同時に、ものすごく責任を感じました」と感慨深げ。

 映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎監督が視覚効果(VFX)を駆使し、後からCGと合成するシーンは、青や緑色のパネルを置いて撮影した。沖田艦長役の山崎努は、セットを駆け回り、時に転びながらも“気分”を与える演出をした監督を「チャーミング」と絶賛。原作を読むべきかと事前に監督に相談し、「監督は『読まないでください。知らないことほど強いことはありませんから』と名文句を吐きました」と笑った。

 ヒロイン・森雪役の黒木は「たくさんの方に愛されている作品なのでプレッシャーがありましたが、やっと届くことがうれしい」と笑顔。

 山崎監督は「最近ネットとかが進み過ぎて、情報を分かったような顔になって、将来が見えた気がして、若者を中心にあきらめのムードが漂ってると思うんです。でもヤマトは死に物狂いで戦った人たちの物語だし、日本でSFを作るのがリスキーな状況でも、あきらめない物語を作りたかった」と熱っぽく語った。
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------