あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< Fliggoってなくなった? | main | プリンター買い換えました >>

ゼロ円ビジネスの罠

ゼロ円ビジネスの罠 (光文社新書)
門倉 貴史
光文社 (2010-09-17)
売り上げランキング: 18192

ゼロ円ビジネスについて広く浅く復習するのにいい本。
ゼロ円ビジネスの種類とそれぞれが収益を得るしくみ、問題点、今後の展望、そしてゼロ円ビジネスに見せかけた詐欺のいろいろなど、わかりやすく解説されています。

〜 もくじ 〜
はじめに
第1章 広告依存型の「ゼロ円ビジネス」
第2章 「フリーミアム」の登場
第3章 なぜ人は無料に飛びついてしまうのか?
第4章 タダより高いものはない?
第5章 「ゼロ円ビジネス」は経済にどういった影響を与えるか?
終わりに
参考文献リスト

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
「ゼロ円ビジネス」は、局所的あるいは時限的に現れることによって、その効果が発揮できるものだから、多くの企業が追随して「ゼロ円ビジネス」を展開していけば、無料を提示することによる競争上の優位性はあっという間になくなってしまう。(P200)
〜 もうひとつなるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
このような「無料提供詐欺」の手口は昔から存在していたが、以前はこの手口にひっかかる人はそれほど多くはなかった。(略)
しかし「ゼロ円ビジネス」が世の中に広がるようになってからは、無料で商品やサービスが提供されることが必ずしもありえない話ではなくなったため、ひっかかる人が急増するようになったのだ。(P124)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   205冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 46847ページ (1日平均39ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------