あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< zenbackを設置してみた | main | 美尻時計 >>

お姫様とジェンダー


ディズニーのプリンセスものアニメをもとにジェンダー学を展開。
ディズニーアニメに対する女子学生さんたちの感想は中々面白い内容。作者のジェンダー学をしっかり学んでいることがよくわかり、ちょっと微笑ましい。
これらのディズニーアニメや原作のグリム童話が女性に受動的な生き方をするように刷り込みをしているというのは、たしかにそういう側面もあるかもしれないけど、ちょっと無理があるのではなかろうか。
作者自身があとがきで語っているように、そうした生き方の性差は、グリム童話の生まれた封建時代に生まれたわけではなく、何千年も前から脈々と続いてきたわけだし、さらに何前も昔の狩猟時代から遺伝子にしっかり組み込まれた男女の性格の違いもあるわけなので。
そう考えるのは私が男だから?

〜 もくじ 〜
はじめに
第一章 女子大でどうジェンダー学を教えるか
第二章 プリンセス・ストーリーとジェンダー
第三章 「白雪姫」を読む
第四章 「シンデレラ」を読む
第五章 「眠り姫」を読む
第六章 「エバー・アフター」(それからずっと)
終わりに―お姫様、自分で目覚めなさい
参考文献
謝辞

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
知識が客観的にものを見ることを教え、考えることを教える。道徳訓は個人的な問題であって、それを教室でいうことは、考える力を殺ぎ、抑圧するだけである。(P194)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   204冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 46644ページ (1日平均39ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------