あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< 2010年9月の読書のまとめ | main | 横浜からプロ野球球団が消える? >>

女子大生がヤバイ!

女子大生がヤバイ! (新潮新書)
小沢 章友
新潮社
売り上げランキング: 143812

この本に出てくる女子大生、ヤバイ!
この場合の「ヤバイ」はすっごくいいという意味。
女子大生が書いた小説(?)の数々、どれもとても面白かったです。
でも、これは今の女子大生一般の生活・心情を現したものではないのです。
あくまでも某大学で作者の講義を受けている女子大生の生活・心情なのです。
つまり、小沢章友先生の講義を受けてる女子大生ってヤバーイ!

〜 もくじ 〜
はじめに
第一章 心のかたち―芯はまじめだが、キレるとヤバイのだ
第二章 家族―漂流のはてに行き着くところは
第三章 友人―偽装だらけで、本物の友人はどこにいる
第四章 彼氏―脳内彼氏と現実彼氏はあまりにちがう
第五章 性的妄想―ひそかに育てられるエロスと暴力
第六章 携帯メール―新たな自己主張の武器を使いこなせ
終わりに


〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
ちなみに、休日に父と二人で出かけるとして、学生たちが望んでいる場所は、「美術館」という答えが一番多かった。となりにずっとすわっていなくてはならない映画館やコンサート会場と違い、美術館の中では、てきとうに距離を置いて、付かず離れず、一緒にいられる、というのが、その理由だった。(P53)
〜 もうひとつなるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
なぜなら、携帯こそ、彼女たちの人生そのものなのだから。空気のように、携帯を吸い、吐き出す。食事のように、携帯を食べ、排泄する。携帯のない時間は存在しないのだ。いや、それがないと、存在すら、できないのだ。(P161)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   203冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 46438ページ (1日平均39ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------