あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< 酔っぱらい博物館 | main | 非実在老人メーカー >>

ろくでなし三国志

ろくでなし三国志 本当はだらしない英雄たち (ソフトバンク新書)
本田 透
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 103718

三国志の新説?というよりは、作者の小説と言える。
これでもかっていうくらい、三国志のヒーローたちを扱き下ろします。特に孔明なんて、この本の約半分を使ってDISられてます。
もともと三国志は正史についても都合よく書きかえられているらしいし、百人いれば百個の三国志があってもいいのかもしれないし、だから、三国志は面白いのかもしれない。
この本で一番面白いのは、いまの日本と対比して書かれた序章かも。

〜 もくじ 〜
序章
第1章 蜀 漢帝国末期に現れた元祖・楠木正成ご一党
第2章 魏 漢帝国の大改革を断行も二代目が・・・
第3章 呉 南国の海賊マフィア
終章 歴史とは思想である、キャラクターとは感情である
あとがき

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
政治家一族における二代目三代目のボンクラ化問題は、すでにこの時、三国志世界をも席巻しておったのです。(P215)
〜 もうひとつなるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
ノンフィクションとかドキュメントと言っても制作者の思想によって「真の現実」から大きく隔たったものになってしまうのと同様、歴史書もひとつのフィクションであり、もっと言えば著者の思想を表明するものなのです。(P263)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   191冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 43650ページ (1日平均38ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------