あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< 続・OhLifeに登録して見た | main | FOMA網でiPhone? >>

オニババ化する女たち

オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す (光文社新書)
三砂 ちづる
光文社
売り上げランキング: 26466

オニババの定義が面白い。
昔は山奥にひっそりと過ごしていたオニババが、現代は街中にあふれている、その理由はなにかとつきつめていくと、出産が医療行為になってしまったことにあるのでは、というお話。
ほとんどは男にはわからない女性の身体の話ですが、親としてどう生きていくべきかという点については、男も同じですね。
若い女性に読んでほしい本。

〜 もくじ 〜
はじめに オニババ化とは何か
第1章 身体の知恵はどこへいってしまったのか
第2章 月経を「やり過ごして」よいのか
第3章 出産によって取り戻す身体性
第4章 女性はなぜオニババになるのか
第5章 世代をつなぐ楽しみを生きる
おわりに
参考文献

〜 なるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
仕事があれば結婚しなくてもいいよ、ということは、異性関係とか親しい人間関係がなくても、お金さえあれば生きていけるよ、というメッセージを送っていることになります。お金だけ稼ぎなさい、そしたらあなたはひとりで生きていけますよ、というメッセージです。でも人間はそんなものではないでしょう。(P143)
〜 もひとつなるほどな一文 〜 (リンクはInBookの該当セリフのページ)
もっと、セックスするのがすばらしいことなんだ、とか愛情を持つというのはすばらしいことなんだとか、ふたりで生きていくことに対する希望みたいなものを投げかけた上での性教育でないと、本末転倒だと思うのです。(P199)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   183冊 (1日平均0.2冊)
読んだページ 42354ページ (1日平均37ページ) -556ページ
(ホントは221ページなのに777ページとカウントされていた本があり。すでに本のデータは修正されましたが、読んだページおよび下記のグラフには修正が反映されていません。)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------