あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< 2010年7月の読書のまとめ | main | 非実在老人問題 >>

無料公演でも著作権料を搾取するJASRAC



ノーギャラのボランティア演奏でも著作権使用料を請求されることがあるというお話。
ノーギャラだろうがボランティアだろうが、なにかと難癖をつけてとにかく少しでもお金を貪りとろうというJASRACの生態がよくわかるニュース。
作曲家たちも、こういうことを望んでないと思うんだけどなぁ。。。
これで、子どもたちに自分の音楽が届かなくなる方が作曲家にとっても損だと思うんだけどなぁ。
わかってはいたが、結局、JASRACとは作曲家・作詞家のための組織ではなく、JASRACのための組織なんだなぁ。。。

関連ニュース
無料公演なのに「著作権料を」 JASRACにオケ当惑
by asahi.com at 2010.08.01 (cache by ウェブ魚拓)
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------