あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< 子供が子供向けにお話をしてくれる | main | The Whuffie Bankを試してみた >>

クライアントに多段RT防止機能は必要か

TwitterでReplyのかわりに非公式RTを使うことで多段RTとなり、文字数制限のために当初のTweetの一部または全部が削られたりすることで誤解が生じたり、元Tweetを改竄されたりということで、クライアント側でそれを防止する機能をつけることについて、あっちこっちで話題になっているようです。

私自身は多段RTを使うこともあります。
「RT:@a 〜〜 RT:@b 〜〜」というTweetに対してコメントを書き、@aさんにも@bさんにも読んでほしい時に、お手軽なんだよなぁ。。。

多段RTがすべてReplyの代わりと言うわけではないと思います。

以前は、後ろのTweetを消したりして文字数に入れるということもしていましたが、最近はなるべくやらないように努めています。
それに多重RT多用の集団には多重RTで答えた方が話が続くんだよなぁ。。。

ということで、まったくできなくなってしまうと不便かもしれない。

でも、クライアントの作者が改竄防止のために多段RTは使えなくしたいというのであれば、それはありと思います。
どうしても使いたい人は他のクライアントに乗り換えればいいだけです。

Togetter(トゥギャッター) - まとめ「クライアントに多段RT防止機能は必要か」


関連するTwitterまとめ
Togetter(トゥギャッター) - まとめ「旧式RTによる悲劇」
Togetter(トゥギャッター) - まとめ「クライアント作者さんは大変だなぁ」
Togetter(トゥギャッター) - まとめ「ユーザの自由、作者の自由」
Togetter(トゥギャッター) - まとめ「夜フクロウの件に関するさまざまな反応」
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------