あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< So-net SNSからそーしゃるぱーくへ(その8) | main | まちツイに登録して見た >>

日本人だけが知らない日本人のうわさ


たかがうわさとバカにできないこともあるけれど、
たかがうわさと笑っていたい。
それにしても、ホントにこんなこと、言われとうと?っていうようなびっくりな、おかしなうわさ話がてんこもり。
うわさ話の紹介だけでなく、そんな話がされるようになった背景についても説明してくれています。
もっとも、我々日本人が思い描いているたとえば中国人像も、うわさがもとになってるのかもしれない。
なにしろ、新聞やテレビだって、うわさに踊らされていることもあれば、単なるうわさを意図的にさも本当かのように、報道したりすることがある昨今なので。
うわさに踊らされないで過ごしていきたい今日この頃です。

〜 もくじ 〜
プロローグ
一章 日本企業 vs. デマ
二章 ジャパン・セックス
三章 反日感情
四章 ゆがんだ日本文化
五章 在日外国人の流言
六章 日本人から見るガイジン
エピローグ

なるほどな一文 〜 (LINKはInBookの該当セリフのページ)
噂というのは、噂でありつづけるからこそ、美しいという一面があります。どれほど悲しい話や残酷な話でも、噂でありつづける限り御伽噺が持つロマンのようなものがあります。事実が明らかになり、それが単なる虚構だと知ってしまうと、そうしたロマンが消えてなくなってしまい、後味の悪さだけが残ることになります。(P290)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   143冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 32370ページ (1日平均32ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------