あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< SHOUTING CHICKIN | main | J1第5節 \(^O^)/ 川崎勝利! >>

Dropicoに登録してみた

いくつかの写真共有サービスを統合的に管理できる「Dropico」に登録してみました。

Facebook,Flickr,Picasaを表示してみたところ。


(画像をクリックすると拡大画像を表示します)

それぞれのサービスでのアルバムが表示されました。
残念ながら、日本語のアルバム名は表示されていません。

たとえば、Facebookの「Yokohama200910」というアルバムをクリックすると、以下のようにアルバム内の写真が表示されます。



写真の上にカーソルを持っていくと以下のような表示が。



monをクリックすると、以下のように、下に写真の詳細情報が表示されます。写真のタイトルが日本語だったので、残念ながら表示されていません。


(画像をクリックすると拡大画像を表示します)

viewをクリックすると、以下のように写真が大きく表示され、下にアルバムの写真が表示されます。下部左の三角ボタンをクリックすると、スライドショーになります。


(画像をクリックすると拡大画像を表示します)

editをクリックすると、以下のように画像編集サービスの選択画面がでてきます。


(画像をクリックすると拡大画像を表示します)

そのうちのひとつ、Pixlr Editorを選択すると以下のような感じ。


(画像をクリックすると拡大画像を表示します)

ここで、以下のような写真にしたりできるわけです。



Twitterを選ぶと、以下のようにyfrog、Twitgoo、Twitpicの3つのTwitter連携写真共有サービスを経由してTwitterに送信できます。



たとえば、Twitpicを選択して、以下のようにココに写真をドラッグ&ドロップします。


(画像をクリックすると拡大画像を表示します)

以下のように写真が入りますので、下にメッセージを書いてsendをクリックすると送信されるわけですが、メッセージには、残念ながら日本語は使えません。この画面上で文字化けしちゃいます。でも、送ってみたら文字化けというサービスが多かったので、この時点で日本語ダメとわかるのは、まだいい方かも。



Twitpicに送信されました。



Twitterにも届きました。



また、以下のように、サービス間で写真をドラッグ&ドロップでコピーできます。
これは便利!



ただ、なぜだか、同じ写真が2,3枚、コピーされてしまいます。

ということで、なかなか面白いサービスなんですが、
日本語が使えないところがとっても残念な、
そんな Dropico なのでした。


関連ニュース
Dropico、ドラッグ&ドロップで各種写真共有サイトを利用するアプリケーションを一般公開
by TechCrunch at 2010.04.04
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------