あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< 番組中の日本地図は必要か? | main | 2010年2月の読書のまとめ >>

PC故障は実はルートキット感染だった?

壊れたと思ったパソコンは実はルートキットに感染していたために、マイクロソフトの月例パッチ適用後の例の不具合で再起動を繰り返すようになったのではないか、という疑惑が。
でも、月例パッチの公開は2月9日(米国時間)ですが、私のパソコンで問題が発生したのは2月8日(日本時間)の夜に最初にパソコンの電源を入れたとき。もしWindowsの更新を適用したとすると、前日の2月7日夜のシャットダウン時ということになります。
なのでタイミング的には違いそうです。
でも、Windowsの起動途中で再起動するという現象はなんだかそのもののような気が。
日本では2日前に公開とかあったのかしらん?

関連ニュース
MS、月例パッチ適用後に起きた不具合はマルウェア感染が原因と説明
by CNET at 2010.02.19
Microsoftは、同社が米国時間2月9日に公開した月例セキュリティ更新を適用後、一部のWindowsユーザーの環境で再起動やブルースクリーンが発生するのは、OSカーネルに変更を加えるルートキットへの感染が原因だと、17日午後に明らかにした。

本件に関するTwitterのまとめ
kyorecoba@atasinti PC治ったんですね。おめでとうござります。例のMSのパッチのせいというわけではないのでしょうねlink
atasinti@kyorecoba Windowsが立ち上がらなくなる問題発生が例の月例パッチ公開(米国時間で2/9)の前日夜(日本時間2/8深夜)だったので、関係なさそうですが、日本だけ1日前に公開されたとかあったのかなぁ?現象がそれっぽいです。link
kyorecoba@atasinti わお。でもHDDがきれいになったよかったlink
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------