あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< Twitterの遅延に一言? | main | 今日のフォト 2009/12/19 >>

南アフリカの衝撃

南アフリカの衝撃(日経プレミアシリーズ)
平野 克己
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 3702

2010年にサッカーワールドカップが開催される南アフリカ。
でも、その国がどんな国なのか、ほとんど知らない。
ということで、読んでみた南アフリカについての本。
南アフリカに駐在していた人が書いただけに、中々詳しい。
ただ、現在の状況についてはさらっとかいてあるだけで、その歴史や経済の発展についての話がメインだったのがちょっと残念。
結局、これを読んでも、サッカーワールドカップが安全のうちに行われるのかってところはよくわかりませんでした。

〜 もくじ 〜
はじめに
第一章 サッカー・ワールドカップはできるのか?
第二章 虹の国から普通の国へ
第三章 南アフリカは日本にとっての"アフリカ"
第四章 歴史を正しく理解する
第五章 マンデラという英雄−南アフリカ解放史
第六章 グローバリゼーションを呼び込む−民主化後の経済
第七章 世界に躍進する南アフリカ企業
第八章 南アフリカに世界をみる

〜 なるほどな一文 〜 (LINKはInBookの該当セリフのページ)
そういった"危ないグローバリゼーション"の上に鞍を置いて乗りこなそうという国際サッカー連盟(FIFA)の蛮勇が、すなわち二0一0年ワールドカップなのではないだろうか。(P5)


これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   116冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 26592ページ (1日平均29ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------