あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< J1第31節 \(^O^)/ 川崎勝利! | main | クリスマス中止のお知らせ? >>

子どもを狙え!

子どもを狙え! キッズ・マーケットの危険な罠
ジュリエット・B.シェアー
アスペクト
売り上げランキング: 220838

最近、日本でも子どもをターゲットにした商魂たくましい売り込みに辟易することがありますし、先日の無料のはずのグリーのケータイゲームで子どもが何万円も使ってしまった例などもそのひとつだと思うのですが、この本に書かれているアメリカの実情は、そんな生易しいものではありません。
学校の中で行われるマーケティング、そして教科書の中身にまで入り込んだブランドイメージの刷り込み、ホントに恐ろしい世界です。
海の向こうの話と安心していてはいけない、日本でも、もう始まっているかもしれない。。。
そんな中で子どもを商業主義から守るために立ち上がった著者が最後に書いていた、子どもをコマーシャル付けにさせないためにも、子どもが外で安全に遊べる環境つくりが必要だ、というのはその通りだと思いました。

〜 もくじ 〜
一章 マーケットに呑みこまれていく子どもたち
二章 変化しつづける子どもの消費環境
三章 子ども向けCMのメッセージを読み解く
四章 増殖するコマーシャル・ウイルス
五章 公立学校の営利化が招く危機
六章 消費者としての子どもを解剖する
七章 ジャンクフード、麻薬、暴力
八章 消費文化が子どもの幸せを奪う
九章 子どもの自立性をどう育てていくか
十章 子どもをマーケットから守るために

これで、、、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   104冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 24005ページ (1日平均28ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------