あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< LoudTwitterがうまくいっていない | main | Twitterの戦闘能力? >>

本の引用共有サービス「InBook」を試してみた

@akhk さんのTwitter」経由。

好きな本や漫画の気に入ったセリフを引用して共有するサービス「InBook」を試してみました。
TwitterのIDでログインします。

あたしンちのおとうさんの本棚・投稿セリフ

(画像をクリックすると拡大画像を表示します)

本を選択、引用文とページを入力、投稿のステップですが、投稿時に、Twitterにも投稿するのチェックを入れておくと以下のようにTwitterにも投稿されます。
  1. あたしンちのおとうさん
    atasinti http://bit.ly/1YlGth 殺到する依頼を断ったりその中からひとつを選んだりする「断る力」を必要としている人が、はたして今の日本にどれほどいるのだろうか。
  2. あたしンちのおとうさん
    atasinti http://bit.ly/1YlGth 人々が本当に必要としているのは、”誰からも依頼がない”といったときに自信を喪失したり自暴自棄になったりせずに、静かに孤独や絶望に「耐える力」のほうだと言えるのではないだろうか。
  3. あたしンちのおとうさん
    atasinti http://bit.ly/2F8UKY どんな金持ちでも貧乏人でも取り戻せないのは、時間です。
  4. あたしンちのおとうさん
    atasinti http://bit.ly/2F8UKY 節約すべきは、お金よりも時間なのです。
-- this quote was brought to you by quoteurl

このInBookのTwitterへの投稿ですが、リンクが付加されているとはいえ、引用文がまるでその人の文章かのように表示されてしまうのはよくないと思います。
リンクの前に RT をつけるといいんじゃないでしょうか。

また、逆にTwitterからInBookに投稿することもできます。
@inbook_jp <本のタイトル,ページ番号>引用したいセリフ
と投稿することで、InBookに投稿されます。
試してみたTwitterの投稿InBook投稿先
この場合は、さらにそれがTwitterに投稿されるということはありませんでした。

以下のような2種類のブログパーツもあります。

本棚ブログパーツ


名言ブログパーツ


中々面白いサービスではありますが、先述したうように、Twitterへの投稿の表記がちょっと気になるのと、、、

そもそもこのサービス、著作権的には大丈夫なんでしょうか?

そんなInBookなのでした。
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------