あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< BlogPeopleの検索窓 | main | 着メロの未来は? >>

アニメ「ハードル」を見て


アニメ「ハードル」を見てきました。

(参考)
   
アニメ版 ハードル  ハードル―真実と勇気の間で


娘(8歳)の感想は・・

さい後らへんの、レオンがかいだんからおちて、友だちが、いろんな人にきいていたときのと中でかんどうしてないた。
また、いじめていた子があやまったところで、自分でもわからないけど、なみだがでた。
えいがを見てなみだが出たのははじめて。

息子(12歳)の感想は・・

・あのおじいさんが悪いことをした人を味方するなんて、びっくりした。
・ゆうきって、すごく兄さん思いだなあって思った。理由はレオンが非常階段から落ちた後に、真実をつきとめようと努めていたからだ。

さて、おとうさんの感想はというと、
最近の寝不足のおかげで、ぐっすり眠れました、っていうのは冗談で・・
この話のメインテーマは原作者の青木 和雄さんが最初に舞台挨拶でも話していたように「いじめ」ですが、それ以外にも、子ども同士、親と子、教師と子などの付き合い方などについて考えさせてくれる作品です。
特に、今年息子が中学に進学する親としては、これから息子とどう向き合っていくか、ちょっと考えさせてくれました。

ただ、、
レオンはちょっとかっこよすぎだし、
横浜から宮城県古川市に転校した友人がけがしたからといって、横浜の友達(中学生)が学校休んで(?)かけつけてくるっていうのもちょっと非現実的な気が。。
  comments (1) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------