あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< Beckiiちゃん最高! | main | Feecleサービス終了 >>

がっかり力


世の中がっかりすることだらけ、だけどそんな時、カリカリしないで、そのがっかりを許容し、むしろ楽しんじゃおうよ、という本。
特にプロ野球に関する話はわかりやすいし、とても共感できる内容でした。

〜 もくじ 〜
第一章 不景気な二一世紀を乗り切る「がっかり力」のすすめ
第二章 プロ野球文化から学ぶ「がっかり力」
第三章 歴史から見る、がっかり力とカリカリ
第四章 がっかりコンテンツ批評
第五章 言論の危機を前に、どうがっかりする?
第六章 末期恋愛資本主義社会のがっかり
第七章 私のがっかり人生
あとがき

これで、2007年07月13日以降、
読んだ本   72冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 16793ページ (1日平均24ページ)+215ページ(*)

読書メーター - atasinti

(*)1冊、ページ数がカウントされていない本があり。
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------