あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< 続・ひらがなはふしぎ? | main | ウェブはバカと暇人のもの >>

マスクについての温度差



毎日、新型インフルエンザ関連ニュースがいっぱいの今日この頃ですが、マスクについて、日本では予防のためにマスクをすることを推奨する風潮にあるのに対して、アメリカやヨーロッパでは、かかった人が他の人にうつさないためにはマスクは役に立つが、予防という意味ではあまり効果がないといっているようです。
このマスクに対する温度差はなんなのでしょうか?

ふと、下記の2つが思い浮かびました。

1.そもそもマスクが違う?
日本でマスクといえば、花粉症対策で開発された、花粉だろうがウイルスだろうが、どんな細かいものも通さないぞ、顔にぴったりついて隙間をつくらないぞ、というなんたらかんたらマスクのことですが、実はアメリカとかヨーロッパとかでマスクと言っているのは、給食当番などで使われる安物のガーゼのマスクのことだったりしないのだろうか?

2.マスクに対する違和感
日本では花粉症対策で毎年春になると多くの人がマスクをして街中を歩いているので、マスクに対する違和感がなくなっている。

以上、科学的根拠も統計的調査もなーんにもない、おとうさんの勝手な思い込みでした。
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------