あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< SimplyBoxに登録してみた | main | 続・ひらがなはふしぎ? >>

本当は恐ろしい江戸時代

本当は恐ろしい江戸時代 (ソフトバンク新書)
ソフトバンククリエイティブ
発売日:2009-04-16
おすすめ度:2.0

最近やたら目に付く江戸時代賛美については、たしかに江戸時代のほんの一部分のみを切り取って、江戸時代はよかったと言っているわけで、鵜呑みにできないことが多いわけですが、この本では、江戸時代は今の北朝鮮に非常によく似ており、そんなに江戸時代がよかったというなら、ピョンヤンにでも引っ越せばいいと断言されています。
ただ、この本の場合は、今度は明治時代のことをよかったと書きすぎているような・・・

〜 目次 〜
はじめに〜江戸時代は北朝鮮そっくりの"地上の楽園"だった
第1章 餓死者が続出し、はげ山だらけ
第2章 サドマゾ趣味のでたらめ刑罰
第3章 自由も民権もなかった暗黒の日々
第4章 旅は自由でなく、しかも歩くしかなかった
第5章 食生活も財政も米のみが頼り
第6章 教育水準が高かったというのはウソ
第7章 地方は「江戸藩」の植民地
第8章 「鎖国」したので植民地にされそうになった日本
第9章 働くのは嫌いで賄賂が大好きなのが武士
おわりに

これで、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   70冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 16339ページ (1日平均24ページ)+215ページ(*)


(*)1冊、ページ数がカウントされていない本があり。
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------