あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< LoveLoggerに登録してみた | main | これも間違い? >>

暴走するセキュリティ

暴走するセキュリティ (新書y)
洋泉社
発売日:2009-03-06
おすすめ度:5.0

統計的には凶悪犯罪は増えていない。
低年齢化もしていない。
子供が被害にあう事件も増えていない。
それなのになぜわれわれは増えているような、日本の安全神話は壊れたというような感覚を持っているのか。
それはマスメディアの事件の取り扱い方が変わったせいなのだ。
そしてその結果、世の中は過剰なセキュリティと重罰化へと向かっている。
なぜ、そのような方向へ向かったのだろうか。
監視カメラに取り囲まれた生活は果たして快適な生活といえるのだろうか。
果たしてそれは時代の流れの必然なのだろうか。
そんなことを気づき、考えさせてくれる本です。

〜 目次 〜
まえがき
第1章 凶悪犯罪者たちへの共感と恐怖
第2章 少年法と刑法三九条をめぐる困難
第3章 セキュリティが朝閑な日常を破壊する
第4章 暴力の排除が生み出す厳罰社会
特別対談 暴走する民意と権力

これで、2007年07月13日以降、、、
読んだ本   64冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ 14894ページ (1日平均23ページ)+215ページ(*)

読書メーター - atasinti

(*)1冊、ページ数がカウントされていない本があり。
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------