あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< トラックバックスパム対策 | main | サザエさんの視聴率があがると株価が下がる? >>

Niftyのパソコン通信が終焉へ

Niftyの会員でありながら、インターネットサービスのinfowebと統合されて@Niftyになった後も、Niftyのパソコン通信が今までずーっと続いていたことを知りませんでした。。。
使い続けている人が2万人もいるんですね。。
でも、それも、とうとう、終わるんですね。
昔はメールといえば、Niftyのメールだったし、個人のIDのほかに会社でのIDも持ってて、名刺にNiftyのIDを記載していた頃が懐かしいなぁ。。。
Internet Mail(E-Mail)が始まった頃も、MS-dos上で動かすE-Mailは今みたいに使い勝手がよくなくてNiftyの方が使いやすかったし、社外の人とはもっぱらNiftyメールだったし、そして「Niftyはバイナリーデータを送れるから便利だよな」なんて言ってた気がします。
それにシェアウェアの購入が当時は他と比べて便利でした。今ではインターネット上でソフトだけでなく、なんでも購入できちゃいますけどね。。

「ワープロ・パソコン通信」サービスの終了について ニフティ株式会社プレスリリース 2005/02/16
ニフティ株式会社(社長:古河建純、本社:東京都品川区)は、1987年4月から
運営してきた「ワープロ・パソコン通信」サービスを、2006年3月31日(金)をもって終了します。
 同サービスは、現在提供中のインターネットサービス"@nifty(アット・ニフティ)"を1999年に開始した後も継続利用者が多く、運営を続けてきました。長い間多くの方々にご愛顧いただきましたが、インターネットの普及とともに利用者数が減少している事実を受け、「ワープロ・パソコン通信」サービス(TTY接続および関連サービス)を終了することとします。なお、「ワープロ・パソコン通信」で提供しているサービスの多くは@niftyでも提供されており、継続利用することができます。

ニフティ、パソコン通信サービスを来年3月に終了 NikkeiBP 2005/02/16
ニフティは16日、87年から運営してきたパソコン通信サービスを来年3月末で終了すると発表した。最盛期には300万人近い会員を集め、国内最大のパソコン通信サービスに成長したが、インターネットの普及とともに利用者の移行が進み、現在では利用者数が約2万人にまで減っていた。
  comments (0) | trackbacks (1)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------
さよなら「GO」コマンド | Good News | 2005/02/19 08:45 PM
ついにこの日が来たか、という感じである。「ニフティ、パソコン通信サービスを終...