あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< mixiにあしあと削除機能 | main | JOYPIXがサービス終了 >>

IPA職員のPCから情報漏えい?



情報セキュリティ対策を推進している組織であるところのIPA(独立行政法人情報処理推進機構)の職員の自宅PCがファイル交換ソフトの使用によってウイルスに感染して個人情報を流出させてしまったということが2chなどで祭りになっているそうです。
「サルも木から落ちるというし、いくら情報セキュリティの専門家って言ったって失敗することもあるよ」などというレベルではない問題と思います。
IPAに勤めている人でさえこのざまなので、一般の人にいくらファイル交換ソフトは使うなと言っても、使う人は使ってしまうというってことです。
今回の事件は会社の情報漏えいではなく、個人パソコンの中に入っていた情報の漏洩でしたが、会社の情報の漏洩をふせぐためには、会社のパソコンに勝手にファイル交換ソフトなどをインストールしていないかを自動で検知するシステムの導入、個人パソコンを会社に持ち込んでもネットにつながらないようにIPアドレスを自動で付与しないようにするなど、システム的なガードが必要でしょう。
ただし、ここまでやっても、USBメモリで情報を持ち帰ったり、ウイルスを持ち込んだりという危険はまだまだあるのです。
情報セキュリティには完全なんてない?

ところで、、、IPAって、何してるところなんだか、サイトを見ても結局よくわからなかった、、、
所詮、経産省の天下り先で、大した仕事はやってない、ってことはないよねぇ、、、

関連ニュース
IPA職員の私物パソコンによる情報流出について
by 独立行政法人情報処理推進機構 at 2009.01.04
情報セキュリティ専門家のはずのIPA男性職員の失態
by J-CASTニュース at 2009.01.05
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------