あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< 今朝のこと | main | 実がなった! >>

政治とケータイ



民主党の衆議院議員からソフトバンクの社長室長に転進した作者がソフトバンクでの仕事について記載した本。
・孫社長はとってもすばらしい人だ。
・ソフトバンクは大きくなってもベンチャー精神を忘れていないとってもいい会社だ。
・そして私はそんなソフトバンクの中で議員時代の経験を生かしてとってもよい仕事をした。
そんな本であることは、読む前に予想できたが、少しはボーダフォン買収の内幕など面白い内容もあるかなぁと期待してみたけれど、そういったことはほとんどなく、上記の3点についてのみ書かれた本でした。

〜 目次 〜
はじめに
第1章 衆議院議員からソフトバンク社長室長へ
第2章 国会議員から民間へのとまどい
    −政治家の生活、民間の生活
第3章 人生ブルーオーシャン戦略でスーパーロビイストに
第4章 アジアのヨン様を生んだ韓国、生めない日本
    −放送と通信の融合
第5章 ケータイ事業への参入
    −情報通信産業3分の計
第6章 密室からオープンへ
    −回転ドアだからわかる政策決定過程
第7章 松下幸之助から聞いた「成功のコツ」
    −情報通信維新をめざして
第8章 モラトリアムといわれていた松下政経塾
    −人生に回り道なし
第9章 小泉元首相いわく「議員やっているよりいいじゃない」
    −「出入り自由」の財界活動
第10章 「出入り自由」のカリスマ細川護熙元首相
第11章 政治と経営の2つを知って
    −1兆円産業を立ち上げたい
第12章 50歳は折り返し点
    −107歳まで生きるのが夢だった松下幸之助
終わりに


これで、2007年07月13日以降、
読んだ本の数 31冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ数 7989ページ (1日平均15ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------