あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< 天皇杯5回戦 orz... 川崎負けた | main | 今日のボクの街 in MyMiniCity >>

検索バカ

検索バカ (朝日新書 140)
朝日新聞出版
発売日:2008-10-10
おすすめ度:4.0


芥川賞作家の藤原智美さんのノンフィクション。
自分で解を考えず、検索によって安易に答えを求めてばかりだと、思考する能力が落ちてしまうという、最近よく聞く話で始まりますが、検索バカについての記載は最初の章だけで、後は延々と、「クウキを読め」と強制される息苦しい今の日本社会についての話が続きます。
ただ、面白いのは、「クウキを読め」にはとっても否定的な作者ですが、一昔前の地域社会の「世間」については肯定的なことです。
同じようで同じではない「クウキ」と「世間」ですが、どちらも自己を押さえて自分に与えられた"役"を演じなければならない点では同じかと思います。
結局全編にあたって、コレといって目新しいことは言っていないような・・・
それは、誰もが心の中に思っていることを、文章にしたものだから?

同じ作者の「暴走老人!」の方が面白かったかも。

〜 目次 〜
はじめに
1章 検索バカは、何を失くしたか
2章 クウキに支配される日常
3章 「やさしさ」と「暴走」の時代
4章 不安定な「場」としての家庭、教室
5章 「予定調和」はいつ誕生したか
6章 同調圧力が独自の「思考」と「行動」を奪う
7章 世間から露骨へ
8章 失われゆく「対話」と「議論」
9章 身体性なき言葉は、貧弱になる
10章 沈黙の力
終章 生きることは考えること
おわりに

これで、2007年07月13日以降、
読んだ本の数 29冊 (1日平均0.1冊)
読んだページ数 7494ページ (1日平均15ページ)

読書メーター - atasinti
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------