あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< 江戸の性生活夜から朝まで | main | 防災情報をメールで >>

消えたナースキャップ?



看護師さんのシンボルとも言えるナースキャップですが、最近多くの病院でナースキャップが廃止されているそうです。
病院のホームページなどを見ると、その理由について、
・ナースキャップは白衣と比べて洗濯頻度が低く、菌が付着して院内感染の恐れがある。
・ナースキャップが邪魔で事故を起こす可能性がある。
などと記載されているようです。
しかしながら、実際にナースキャップが原因で院内感染したとか、ナースキャップによる医療事故が発生したとかということはないようです。
ナースキャップ廃止の本当の理由はなんでしょうか?

医療関係に従事している妻がもっていた雑誌に以下のようなことが記載されておりました。(今手元にないのでちょっとあやふやですが。)
看護師だけがキャップをかぶることをやめることで、医師や検査技師などのその他の医療従事者と同等であることを示そうというもの。看護婦・看護士という名称を看護師に変更したのと同じ。

なるほどぉ。

でも、なぜ病院のホームページにはそう書いてないのでしょうか?
病院経営者や医師としては、看護師がそんな偉そうなことを言うことをよしとしない風潮があって、その現れのような気もしますね。

ちなみに、病院ではナースキャップは廃止方向ですが、看護学校の戴帽式という儀式は続いているそうです。
それもそのうちなくなるんでしょうか?

なお、ナースキャップは100年の歴史だそうです。

関連サイト・ブログ
ナースキャップをはずす試み・廃止に向けての取り組み
なぜナースキャップは廃止されたのか
ナースキャップ
ナースキャップ廃止のお知らせ
ナースキャップ
ナースキャップ
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------