あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< 今朝のニコッとタウン | main | 金メダルの中国体操選手は14才? >>

GmailのSSL接続設定

GmailはSSL接続(https接続)しないと、メールの内容を簡単にハッキングできてしまうそうです。
そんなGmailにいつの間にか常にSSL接続(https接続)する設定が追加になったようです。
ということで、Gmailをご利用の方は、常にSSL接続(https接続)するように設定した方がよいでしょう。

SSL接続(https接続)への変更方法は以下。
 1. Gmail画面右上の「Settings」(日本語版では「設定」)をクリック
 2. 表示される「General」(日本語版では「全般」)タブを下へスクロール
 3. 「Browser connection:」(日本語版では「ブラウザの接続:」)で「Always use https」(日本版では「常にhttpsを使用する」)にチェック。
 4.「Save Changes」(日本語版では「変更を保存」)をクリック。
以上でOK。

なお、上記設定を行うことで、Gmail Notifierが使えなくなるとか、携帯アクセスができなくなるという症状も出ているそうですが、私はどちらも利用していないので未確認です。Gmail Notifierについては、英語版のパッチが出ていて、日本語版でもOKだそうです。

関連ブログ
Gmailユーザーは今すぐSSL接続にしましょう!ハッキングされる前に!
by Google Mania at 2008.08.20
Gmailへのログイン時にhttps:でアクセスしていても、Gmailにログイン中のhttp:な通信からクッキーを盗み見すれば、セッションIDを読み取って『そのログイン状態』を(ハッカーが)引き継げちゃうって話です。リリースされたというハッキングツールは、おそらくそれを自動化するようなものでしょうか。(ここからは推測が混じりますが)Gmailで「常にhttpsを使用する」とした場合、前述のセッションIDに対して『cookieの secureモードの設定』とやらが行われ、http:な通信には含まれなくなり、結果としてアカウントハックを防御出来るって事みたいです。
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------