あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< GYAO刷新するも・・・ | main | crossreviewに登録してみた >>

コンビニと自販機

一部の地方自治体などで、環境保護のために、つまりCO2削減のために、コンビニの24時間営業を規制しようという動きがあり、コンビニ業界側は、24時間営業をやめても冷蔵庫を止めるわけにはいかないので、CO2削減効果はごく小さい、逆に多くの人が雇用機会を失うことになると反発しているそうです。
おそらくは、規制の話を進めようとしている先生方は、深夜、コンビニが開いててよかった、お弁当を買えてよかったというような経験がない方ばかり、深夜にコンビニに買い物に行く必要性などない方ばかりなんでしょうね。
たいして効果があがらないことでも躍起になってやろうとしているあたりは、なんか利権でもからんでいるんじゃないんだろうかとかんぐりたくもなってしまう。
ということで、私はコンビニ規制反対派です。

一方で、規制の話などまったくでてきていないのが自販機。いまや、1〜2分も歩けば数台の自販機が並んでいるという感じで、どう考えても、こんなに町のあっちこっちに自販機はいらないんじゃないのって感じです。
全国の清涼飲料水自動販売機の年間消費電力量75億キロワット時は、原子力発電所の一基分の出力に当たるなんて話もあるようです。もっともちと古いデータのようなので、現在の自販機は省電力化が進んでいて、もう少し小さな値になっているんでしょうけれど、清涼飲料水自動販売機が日のあたる場所に置かれた強力な冷蔵庫であるのは確かなことですよね。
一箇所に2〜3台置かれている自販機を一箇所には一台のみとするだけでも、かなりの電力削減になりそうに思えます。現在が原子力発電所の一基分なら半基分以上浮くわけですから。
もっともそのためには、現在メーカ毎に設置している自販機をメーカ共有にする必要があるので、そう簡単には話が進まないでしょうけれど、こんなときこそ、行政の力の見せ所ではないんでしょうか?
また、個人的には、設置箇所自体も今の半分くらいになったって、利用者はさほど困らないんじゃないかなって思います。
もっとも、1台における数量が減ると、マイナーな飲み物は置かれなくなるから、そうしたマイナーな飲み物のファンの方にとっては、ちょっと不便になっちゃうかなぁ。。。
でも、もう1〜2分も歩けば、きっとそこにコンビニが開いているよ。

関連ニュース&ブログ
「コンビニ24時間営業自粛、エコに繋がる」--約半数が肯定的
by CNET at 2008/06/30
コンビニの深夜規制が議論されてるけど、自販機半減させたほうが効果的じゃね?
by 切込隊長BLOG(ブログ)at 2008.06.26
清涼飲料水自動販売機の消費電力量
by 自動販売機と地域経済 at 2007.06.13
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------