あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< Windows次期バージョン? | main | 日本のInternetに明日はあるのか? >>

プログラマーの地位

なぜプログラミングが楽しくなくなったのか・日本的ソフトウエア観(1)」を読んで、うんうんとうなずいてしまった。

日本のソフトウエア開発では、なぜか各工程に関わる職種のなかでもプログラマーの地位が低くなってしまっている。
日本という国は職業差別が好きな国なのかもしれない。
SEの方がプログラマーより偉いという錯覚は、医者の方が看護師より偉いという錯覚と似ているかもしれない。

一般に優秀なプログラマーと適性のないプログラマーでは、その能率や品質に20倍前後もの差があるといわれている。このような人たちをまとめて「平均単金×工数」というような価格設定で、たいして差の出ない処遇をするからプログラマー全体の価値が下がってきている。同じプログラムを10分の1の時間で、しかも品質よく作成できるプログラマーであれば、収入に10倍近い差があってしかるべきではないだろうか。
同じものを半分の時間でできれば倍の単金を払うという発想はなく、半分の支払いですむという「効率化という名のコストダウン」の発想しかないところが悲しい。


ところで、上記コラムの著者が社長をしていた(現在は相談役)「NTTデータ」という会社では、プログラマーがその仕事に応じた地位や収入を得ているのかなぁ。。。
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------