あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< キャらリアがサービス終了 | main | 携帯でGmail送受信? >>

徒然草

徒然草ってすごいなと思いました。
何百年たっても、その内容はちっとも色あせてない。
自分のブログもそんな何百年後の人が読んでもうなづくことができるようなもにしたいとは思うけれど、無理だな。。。

徒然草第百十六段
寺院の号、さらぬ万の物にも、名を付くる事、昔の人は、少しも求めず、たゞ、ありのまゝに、やすく付けけるなり。この比は、深く案じ、才覚をあらはさんとしたるやうに聞ゆる、いとむつかし。人の名も、目慣れぬ文字を付かんとする、益なき事なり。

何事も、珍しき事を求め、異説を好むは、浅才の人の必ずある事なりとぞ。
現代語訳
お寺の名前や、その他の色々な物にも名前を付けるとき、昔の人は、何も考えずに、ただありのままに、わかりやすく付けたものだ。最近になって、よく考えたのかどうだか知らないが、小細工したことを見せつけるように付けた名前は嫌らしい。人の名前にしても。見たことのない珍しい漢字を使っても、まったく意味のないことである。

 どんなことでも、珍しいことを追求して、一般的じゃないものをありがたがるのは、薄っぺらな教養しかない人が必ずやりそうなことである。


関連サイト
徒然草

関連ブログ
徒然草
by strange at 2008.02.04
  comments (1) | trackbacks (0)




Comments

ごまちゃん | 2008/02/07 01:16 AM
関連サイト徒然草の紹介、ありがとうございます。役立ちそうです。「おりにかなう助け」は、未完成ですが、面白いと思いました。主観の違いから、違う人が、分類すると、違った項目になるでしょうね。他にも、何か、面白い古典のサイトがありましたら、ぜひ、紹介してください。

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------