あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< ブログ関心マップ | main | bloglove1日後 >>

銀行窓口の向こう側

元銀行マンで支店長にまでなったことのある著者が銀行に勤めていたときのことを書いた本。
銀行内部のおどろおどろしい話は書いてないけれど、銀行の人がどんなことを考えながらお客と接しているかがわかる本。
でも、読んでいるうちにわかりました。
なーんだ、自慢話がしたかったんだ。
自分はお客のことを考える、こんなにすばらしい銀行マンだったんだってことを。




〜目次〜
第一章  現ナマには手を出すな
第二章  血も涙もありマス
第三章  預金は「銀行が借りているお金」
第四章  融資回収作戦
第五章  出世の階段
第六章  狙われる後継者
第七章  政治家との関係
第八章  お客様は神様だけど・・・・
第九章  銀行マンの家計
第十章  金を貸さない理由
第十一章 怖い「銀行査定」
第十二章 銀行マンの約束
第十三章 悩める相続人たち
第十四章 商店街とのお付き合い
第十五章 銀行マンの素顔
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------