あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< 人脈BANK | main | MTがiPod touch対応 >>

博多学

福岡に生まれたわけでもなく、住んだこともない、
そんな作者が書いた福岡・博多の紹介本。
福岡を何度か訪れたことで、すっかり福岡が好きになったという。
福岡のことをこれでもかっていうくらい褒めちぎっているので、
福岡出身の身としては、ちょっとこそばい感じの本です。
いろいろなデータや統計情報をもとにしていたり、
中々話をする機会のない人に話を聞いていたりしており、
福岡の人でも知らないことが結構書いてあったりもします。

この本を読んでいてふと思い出したのが、AMラジオ。
日本語の放送よりもハングル語の放送の方がよく入る、
あの雰囲気はそこに住んでないとわからないかも。
(AMラジオのことはこの本には記載されていませんが。。。)

とりあえず相手が喜ぶことを言ってしまう、
聞く方もそこら辺は心得ていて話半分に聞く、
そうか、それは博多もんの特徴のひとつだったか。。。
そんな環境で育った私は
関東に移ってからも、ついつい相手が喜ぶ話をしてしまい、
その結果困ったことになったこともしばしば、、、

もっとも私が育ったのは「福岡」で、「博多」ではありませんが。
その「福岡」と「博多」の違いもわかりやすく書いてあります。

ただ、山笠に「やまかさ」でなく「やまがさ」というルビがふってあるのはちょっと残念。。。
それは作者ではなくて新潮社のせいなんでしょうが。

博多学 (新潮文庫)
新潮社
発売日:2003-08
おすすめ度:4.0
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------