あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< すてきサイト | main | ロリポップ、容量追加サービス? >>

サンタからのプレゼントは何才まで?

今小2の娘のりなが3歳の頃の話です。

娘「サンタさんはどうしてこどもが欲しいものがわかるんだろ?」
父「サンタさんはフィンランドという国にある耳山って所に住んでて、世界中のこどもたちの声が聞こえるんだってよ。」
娘「ふ〜ん」

そんな話をしながらおもちゃ売り場へ。
たくさんのおもちゃの前で悩み出した娘・・・
あれも欲しいし、これも欲しいし、、、
さんざん悩んだ後、やっと、「じゃぁ、サンタさんには、この○×をお願いしよっと。」
と言ったかと思うと突然、店の中で、
娘「サンタさん、りなには○×をお願いします。」
と大声で。
娘「サンタさんに聞こえたかなぁ?」
父「絶対聞こえたよ。」
とちょっとあわててしまった父でしたが、そのあと、もっとびっくりする一言がまっていたのです。

娘「サンタさんに○×をお願いしたから、おとうさんはこっちの△△をお願いね」
父「えっ?」
娘「だって、□□ちゃんも◇◇ちゃんもおとうさんにクリスマスプレゼントもらうって言ってたよ。」

たとえ、3歳でも、娘はしたたかなのです。
そして、父親は娘に弱いのです。。。。

という訳で、それ以降、我が家のこどもたちは、クリスマスにはプレゼントを2つゲットしてるのです。。。

でも、毎年、サンタさんにもらうだけじゃ悪いからとせっせと自作の飛び出すカードとか作って、サンタさんに渡している娘です。

さて、今ではもう感づいているおにいちゃんで、今年なんかは、「オレは今年はサンタのだけでいいよ。」とか言ってくれちゃってます。そんなおにいちゃんにも、数年前ですがこんなことがありました。

父「何が欲しいの?」
息子「◇□のゲームがいいな」
父「ゲームはぜったいだめ!」
息子「じゃぁ、○○の本でいいや。」
ということで親からのプレゼントは○○の本でしたが、
そんな息子へのサンタからのプレゼントは、
◇□のゲームだったりしました。
やっぱり誕生日とクリスマスくらいはこどもにとって最高の日じゃないとね。。。

そんな今年6年生の息子への今年のサンタのプレゼントについているカードのメッセージはもう決まっています。

それは昨年の新聞の特集に掲載されていた話ですが、うちの娘同様、毎年サンタにお手紙とか書いていた6年生の女の子がサンタからのプレゼントを開けて、そのプレゼントに喜びの声を上げたあと、添えられたカードを読んで、思わずぽろぽろと涙を流してしまったそうです。そこにはこう書かれていたそうです。
「メリークリスマス!○□ちゃん、
○□ちゃんはもう大きくなったから、サンタからのプレゼントはこれが最後だけど、中学にいっても、がんばってね。」

6年生までサンタを信じる女の子って素敵です。
きっと親も。

Trackback
次男の願い by こはのしの生活感あふれる部屋 さん 2004/12/18

----
家族のおもしろエントリー書いたらあたしンちぴーぷるにトラックバック!
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------