あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< モバイルCM? | main | 能舞エヴァンゲリオン >>

日本のマンガと村上直樹が未来を示す?

善も悪もあいまいな世界は、ユダヤ=アメリカ教的な二元論的道徳から解き放たれて、「日本式の自由」「世界を万華鏡的に見る自由」を、アメリカの若者に伝えているという。

日本人は「あいまい」が好き。
日本人は「馴れ合い」が好き。
日本のマンガも村上直樹の作品も、
そんな日本人の土台の上にできている。
だから、勧善懲悪に疲れた欧米人に受けているのでしょうか。
でも、そこで描かれている世界が
「未来」を示しているかというと、
ちょっと疑問。。。

自分たちが小さい頃、
テレビでは多くのアメリカのホームドラマが放映されていた。
そこで見るアメリカ人の日常(?)は、
とってもカッコいい、
憧れの世界だったような気がします。
今の日本では、アメリカに憧れることなんて
なくなりましたね。

関連ニュース
〈ふたつのM−マンガと村上春樹5〉「未来示す」文化に共感
by asahi.com at 2006.11.24 (ウェブ魚拓のキャッシュ)
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------