あたしンちのおとうさんの独り言〜2010.12.23

おとうさんが政治・経済をずばっと切る!というような内容はひとつもありませんが・・・
書きたいことを書きたいときに。

  /
<< sbでのmoblogについて | main | IBM、PC事業売却? >>

村長選挙に同じ名前の候補が2人

村長選挙に同じ名前の候補が2人、村選管は票の判別方法に頭を痛めているそうです。
ポスターにそれぞれ「キヤン村長」「ギチヨカオル」と大書きしたそうだけど、そんなわかりにくいこと書くよりは、「キャン1号」「キャン2号」と書いた方がよっぽどわかりやすいし、間違いにくいと思うのだが。
いっそのこと、だれでもわかるあだ名とかつけて、選挙やればいいのに。


どうしよう?村長選挙に同じ名前の候補が2人 ZAKZAK 2004/12/4
この票、どっちの候補? 任期満了に伴って5日に投開票される沖縄県北中城村長選で、氏名の読み仮名が全く同じ2人が候補者に名を連ね、村選管は票の判別方法に頭を痛めている。
 同村長選に立候補したのは、現職の喜屋武馨(きゃん・かおる)氏(62)、新人で元村議会議長の喜屋武薫(きゃん・かおる)氏(67)、元村職員の新垣邦男氏(48)の3人。
 喜屋武姓の2人は名前の読み方まで同じ上、いずれも漢字は難解。投票用紙に「喜屋武」「カオル」などと記され、どちらの候補に入れたのか、はっきりしない場合、得票率に応じて両者に分配される案分票として処理される。
 このため、両陣営は選挙ポスターにそれぞれ肩書に基づき「キヤン村長」「ギチヨカオル」と大書。互いの“選別化”に躍起だ。
 村選管は「有権者の意思はできるだけくみたい」と肩書での票判別に前向きだが、新垣氏の陣営は「村長選なのに、村長といった公職を肩書として認めるのは疑問」と、結果次第では選挙無効を求める異議申し立ても辞さない構えだ。
 票の取り扱いは、投開票当日、各陣営の立会人の意見を参考に選挙長が判断することになっている。票の扱いをめぐる選管の悩みは最終結果が確定するまで続きそうだ。
  comments (0) | trackbacks (0)




Comments

Comment Form


(注)スパム対策で日本語のないコメントは拒否されます。
  コメントは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。


Trackbacks


(注)Trackbackは承認制のため、すぐに表示されません。
  内容確認後に表示されます。
------------------------------------------------------------